初心者陸マイラーが簡単にハワイに行く方法

ハワイに毎年家族でビジネスクラスで行くのも夢じゃない!お金を使わなくても簡単にANAのマイルをゲットできる裏技を紹介します♪

軽井沢マリオットホテル宿泊記②レストラン「Grill & Dining G」での朝食や周辺おすすめレストラン情報

軽井沢マリオットに宿泊する場合レストランはどうすべき!?

ホテルを予約するときに毎回悩むのが食事をどうするか

せっかくならホテルのレストランで食事をして、のんびりと過ごしたいところですが、家族4人でレストランで食事をすると出費が…。

今回の軽井沢マリオットホテルの宿泊では朝食付きのプランを選んだんですが、夜もレストランで食事をしたいと思いメニューを見たらお正月価格で大人1名なんと1万円!!

2019年軽井沢マリオットホテルのレストランディナーメニュー

こ…、これはいくらなんでもムリ(@_@;)

 

急遽JCBザ・クラスのコンシェルジュデスクに電話をして、ディナーの予約は別でとってもらいました。

結果、とーーーーっても美味しい食事がそこそこの予算でいただけたので大満足です。

ということで、今回は軽井沢マリオットホテルでの朝食の様子と、私たちが利用したレストランについてレポートしたいと思います。

▽前回の宿泊記はこちらです。

ninakeru.hatenablog.com

 

軽井沢マリオットホテルのレストランは「Grill & Dining G」のみ

 富士マリオットホテル山中湖や伊豆マリオットホテル修善寺もそうでしたが、軽井沢マリオットホテルもレストランが「Grill & Dining G」しかありません。

手前側がラウンジスペース、奥がダイニングスペースになっていて、朝食・ランチ・ディナーと利用することができます。

軽井沢マリオットホテル公式サイトより

以下は公式サイトの「Grill & Dining G」の説明です。

オープンキッチンを備えた、開放感溢れるレストラン「Grill & Dining G」では、熟成肉をはじめとしたジューシーなグリル料理や、地元・信州の契約農家から届く新鮮な野菜を使用した軽井沢ならではのお料理で、リゾート感溢れるダイニング体験をご提供いたします。
長野が誇る、豊富なセレクションの「NAGANO WINE」(長野ワイン)と共に、朝食・ランチ・ディナーと上質な時間をお過ごしください。

地元の新鮮な食材を使用した料理や、躍動感あふれるオープンキッチンを眺めながらの食事は「Grill & Dining G」の特徴ですね。

ランチやディナーでは、メイン以外の前菜やデザートがビュッフェ形式なので、好きなメニューを好きなだけ食べることができます。

また、ラウンジでは12時~16時の間はスイーツビュッフェ(要予約)も開催されているので、優雅にアフタヌーンタイムを過ごすこともできます。

ちなみに、軽井沢マリオットホテルのスイーツビュッフェは2500円とリーズナブル。

とても魅力的ではありましたが、軽食系がないので主人が食べれるものがないのと、これ以上正月太りを加速させたくないので泣く泣く諦めました^^;

【Grill & Dining G】
場所:1F総席数:156席
営業時間:
 朝食7:00~11:00 1,700円~
 ランチ11:30~14:30(土・日・祝日のみ)3,500円~
 ディナー17:30~21:30(ラストオーダー21:30 6,800円~
 ラウンジ11:00~22:00 カクテル700円~ スイーツビュッフェ2,500円

Grill & Dining Gでの朝食の様子をレポート

ここからは、「Grill & Dining G」で朝食を利用した時の様子をレポートしていきたいと思います。

朝食の様子

軽井沢マリオットホテルの朝食は7時~と8時半からの2部制です。

私たちは早起きする自信がなかったので8時半からの朝食を選びました。

f:id:nininakeru:20190110155852p:plain

8時半に行ったらすでに満席。そのため、通常はラウンジとして開放している入口手前のソファ席に案内してもらいました。

軽井沢マリオットホテルレストランのソファ

食事がしづらくはありますが、隣に人がいないのでプライベート感もありちょっとした特等席。

スタッフが紅茶やコーヒーを最初に聞いて持ってきてくれました。

前回のブログでも書きましたが、本当にここのホテルスタッフはみなさん気が利く良い人ばかり。

子供に笑顔で話かけてくれたり、ジュースがなくなると持ってきてくれたりと、何かと気にかけてくれて有難かったです。

おかげで子供がぐずることなく、楽しく食事をすることができました。

f:id:nininakeru:20190110184352p:plain

メインのビュッフェ台は店内入って右奥にあります。

f:id:nininakeru:20190110184051p:plain

サラダやパンのビュッフェ台は入口入ってすぐの位置にあります。

 

エッグステーション

f:id:nininakeru:20190110184130p:plain

他のマリオットホテルでは、席でオーダーシートに記入してスタッフに渡しましたが、軽井沢マリオットホテルはその場で注文をして席番号を伝えるスタイルでした。

オムレツはプレーンオムレツ、ホワイトエッグオムレツ、ミックスオムレツ、ローカルオムレツの4種類。中に入れる具材はボードに書いているものの中から選ぶことができました。

軽井沢マリオットホテルのオムレツ

たまたま隣の人がオーダーしていて知ったんですが、エッグベネディクトもお願いすると作ってもらえました。
確かにエッグステーションのサンプルにそれらしいものが…。

f:id:nininakeru:20190110201546p:plain

これ、知っていなきゃ気が付かないですよね。

f:id:nininakeru:20190110184437p:plain

出来上がったエッグベネディクトがこちら。オランデーズソースがかなりさっぱりしていて、酸味や塩っけが私には少し物足りなかったです。

f:id:nininakeru:20190110184156p:plain

目玉焼きやスクランブルエッグ。

f:id:nininakeru:20190110184225p:plain

パンケーキとワッフルもエッグステーション横にありました。出来上がりは見てはいないんですが、サンプルのパンケーキが真ん丸なのが不思議。

f:id:nininakeru:20190110184838p:plain

フレンチトーストは食後のデザートにいいですね。

温かい食事

f:id:nininakeru:20190110181321p:plain

マッシュルームソテー、ベイクドビーンズ、ブロッコリー、グリルトマトなど温野菜。

f:id:nininakeru:20190110181427p:plain

 スモークソーセージ、本日のポテト、ベーコンなどのアメリカンブレックファスト。

f:id:nininakeru:20190110183637p:plain

f:id:nininakeru:20190110183929p:plain

お正月の特別メニューでおせちやお雑煮がありました。

f:id:nininakeru:20190110182936p:plain

焼き魚や筑前煮、ぱりぱり大根、卵焼きなど。 

f:id:nininakeru:20190110183056p:plain

エッグステーションの横はヌードルバーになっていました。この日は信州蕎麦とフォーがありました。トッピングは自分で選んでのせることができます。

f:id:nininakeru:20190110210303p:plain

f:id:nininakeru:20190110183150p:plain

f:id:nininakeru:20190110184310p:plain

お味噌汁、お粥、ふりかけや海苔など。

シリアル・フルーツ・ヨーグルト

f:id:nininakeru:20190110182801p:plain

f:id:nininakeru:20190110183018p:plain

f:id:nininakeru:20190110183125p:plain

サラダ 

f:id:nininakeru:20190110183729p:plain

サラダがシャキシャキ。信州味噌を使ったドレッシングもクリーミーで美味しかったです。

f:id:nininakeru:20190110183711p:plain

生ハムやスモークサーモンなど。

 

浅野屋のパンが食べ放題

f:id:nininakeru:20190110183750p:plain

f:id:nininakeru:20190110183902p:plain

軽井沢の老舗ベーカリー「浅野屋」のパンも並んでいました。ホテルオリジナルのパンもあり、種類が豊富です。

ドリンク

f:id:nininakeru:20190110183824p:plain

写真を撮りそびれてしまいましたが、ベリーMIXとマンゴージュースのフレッシュジュースもありました。 

子供は4歳から有料

朝食ビュッフェは大人は3,500円、子供は4歳から12歳まで1,750円です。

ビュッフェ以外にもコンチネンタルブレックファスト(1,700円)やオールアメリカンブレックファスト(3,800円)といったメニューもありました。

▽Grill & Dining Gの朝食メニュー▽

https://www.karuizawa-marriott.com/restaurant/pdf/breakfast.pdf

軽井沢マリオットホテル周辺おすすめのレストラン情報

最後に、ホテル以外で食事をしたいという方のために、今回私たちが利用した軽井沢マリオットホテル周辺のおすすめレストラン情報もご紹介します。

「びすとろ パナッシェ」気軽にフレンチ

軽井沢 びすとろ パナッシュ

こちらのお店はJCBザ・クラスのコンシェルジュデスクがピックアップしてくれたお店です。

正月三が日ということもあり、軽井沢の小さなレストランはクローズしているお店が多かったようですが、すごく素敵なお店を紹介してもらえました。

コースメニューは2種類。オードヴルとお肉料理が選択できます。

子供用のメニューやハイチェアはないので、子連れをターゲットにしているお店ではないのかもしれません。

ただ、予約の段階で子供の年齢や子連れOKなお店をJCBに伝えて選んでもらってはいるので、子連れNGというわけではないようです。

お店がかなりコンパクトで全部で16席ほど。予約は必須だと思います。

軽井沢 パナッシュの料理

これだけのレベルのフレンチは都内で食べたら倍以上のお値段はすると思います。どの料理も美味しくて、子供にわけるのがもったいないと思うくらい(笑)

久しぶりに外食で幸せを感じました。ぜひともリピートしたい!

軽井沢に行く人がいたら全力でおすすめしたいお店です。

※駐車場無し・お店の並びにコインパーキングがあります。私たちが利用したときは24時間300円でした。

【びすとろ パナッシェ】
住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢808-3
電話番号:0267-42-5929
営業時間:11:30~14:30(L.O)/17:30~21:00(L.O)
定休日:毎週火曜日(GW・8月は無休)

びすとろ パナッシェ - 軽井沢/フレンチ [食べログ]

「Brunch cafe LAPIN 」ふわとろ絶品オムライス

中軽井沢から徒歩7分ほどの距離にある「Brunch cafe LAPIN 」。

このお店は軽井沢に住んでいる友人におすすめされて、ランチタイムに行ってきました。

f:id:nininakeru:20190110233859p:plain

前菜・メイン・デザートorドリンクのランチが1,000円から。

軽井沢エリアは観光地なだけありお値段が高いお店が多いのが難点ですが、こちらは観光客よりも地元の方をターゲットにしているお店なので良心的な価格設定です。

f:id:nininakeru:20190110234434p:plain

ふわとろオムライスは、これを目当てにわざわざ県外からお客さんが来るほど人気なんだとか。デザートはアイスケーキでした。どれもハズレなし!

そして、このお店はマスターがとにかく個性的です。淡々としたキャラクターなのにめちゃくちゃよく喋る(笑)軽井沢エリアの色々な情報を教えてもらえました。

夜はなんとドリンク持ち込みOK。お酒を提供すると忙しくなるし、料理に集中したいからなんだとか。儲ける気はありますか?と逆に心配になってしまいます。

事前にお願いしておけば、予算に合わせて持ち帰り用の料理も作ってくれます。ホテルでのんびりお食事をしたい方にもおすすめです。

※専用の駐車場はお店の並び(隣にあるキャンドル店の横)にありますが、看板がないのでわかりづらいです。

【Brunch cafe LAPIN (ブランチカフェ ラパン)】
住所:長野県北佐久郡軽井沢町中軽井沢6-2
電話番号:0267-46-1832
営業時間:11:30~18:00 夜は予約のみ
定休日:水曜日

Brunch cafe LAPIN (ブランチカフェ ラパン) - 中軽井沢/洋食 [食べログ]

軽井沢マリオットホテル・せっかくなら外食してみてはいかが?

軽井沢は美味しくて雰囲気の良いレストランが点在しているので、いろいろお店を発掘していくのも楽しいと思います。

我が家は軽井沢定番中の定番店である「川上庵」ばかり利用していましたが、冒険してみてよかったです。

軽井沢マリオットホテル自体はかなり気に入ったので、2月の予約も入れてしまいました。人が良いホテルって再訪したくなりますね♪

軽井沢その他のホテル情報

ninakeru.hatenablog.com

ninakeru.hatenablog.com

ninakeru.hatenablog.com

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村